京都グルメレポート297「中国料理 東北家」ビールセットA

今回のグルメレポートは初物ずくしが満載。

 

何が初めてかと言いますと、まずこのお店に言った事が初めて。そして会社帰りに1人飲みをしたのが初めて!というか1人飲み自体がほぼ初めて。飲み以外は平気で、旅行とかも1人でいけたりするんですがねー。

 

「東北家」さん

お店自体はもう何十年も前から知ってたけど、ちょっと奥まった所にあって少し怪しい雰囲気があるんですよね。ちなみに東北は日本ではなく中国の東北地方の料理を出されてるって事のようです。

 

同じ中華なら近くに人気のマルシン飯店があったり、あと繁華街へ向かう方と逆側にあるので、こっち方面にあまり行かないんです(同じ京都の方なら共感していただけるかも)

 

地図を見ていただくと栄えているように見えますが

縦の矢印は三条京阪方面、横の矢印へ進めば八坂神社。そっち方面へは人も多いのに、お店のある方へは歩く人ほとんどいません。いやこれ本当なんです。

 

本格的なメニュー多くし

食べた事も見た事もないメニューもあったり興味津々。

 

でこのお店に何故来たかと言うと、某グルメサイトの記事でお得なセットがあるらしいというのを知ったからなのです。

 

生ビールセットA(1180円税別)

AとBがあるのですが、気になるメニューがあるAを注文。ちなみに選んだのは炒飯とよだれ鶏。これねーめちゃくちゃお得で、この3品単品で頼むと1600〜1700円くらいするんです。

 

よだれ鶏が名物らしい

よだれが出るほど美味しい料理って事かな。ちなみに自分は常時よだれを垂らしているような赤ちゃん大人です。

 

まずは生ビールとよだれ鶏到着!!

ビールもよく冷えています!

 

蒸した鶏肉の上に山椒の様な香辛料とタレがかかっています。

自分の中ではバンバンジー的な味を想像していたのですが・・ぐふっ!!良い意味で大ダメージ。死ぬほど旨いと言っても過言ではありません。何ですか??これ??想像の100倍美味しい。鶏肉はジューシーで最高の蒸し加減で柔らかいし、何より味付けは特筆物。しかもボリュームもこれ見ていただけてら分かる通り12切れ?と普通に一人前。こんなんビール何杯でも飲めてしまいます。

 

そして楽しみの炒飯

よだれ鶏が美味しいので期待大!とりあえず一口頂きます。あーーこれも旨ーーい。てかこの味も初体験。おそらくですが味付けは塩のみ。他店の炒飯は化学調味料や、あとはチャーシューのタレ、ラーメンのタレ等で味付けされているお店が多いと思いますが、塩だけでこんなに美味しくできるのか?と感心する味。

小さく刻んだ人参や焼豚がまた良い仕事してるんですよー。しかもこれも山盛りでした(笑)これで1200円ちょいは安すぎる。

 

中華は味付けのテイストが分かれているので店によって味の違いがあるってのは分かるのですが、一般的に街中華や京中華(広東系)の名店と言われているお店にも負けてないし、むしろそういうお店の一部の炒飯って味が薄くそんなに美味しくないのに、なんで値段が1000円とかするんやろ?て事思ったりしませんか?ここの炒飯は薄味なのですが旨味もボリュームもしっかりあるのです。

 

いやーこれは自分の中ランキング京都で隠れた名店1位かも(自分が知らないだけで隠れてないかもですが笑)てか2品食べた時の感想の「ぐふっ」とか「あーー」って心の声なので(声に出してたら変な人ですよね笑)ここは誰かと行って美味しいなーって共感したいお店。

 

そんな事を考えていたら連休明けに友達と行く事が決定。3人なんだけどビールセットをうまく活用したらかなり安上がりでいけそう。もうすでに待ち遠しいー

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

中国料理 東北家
中国料理 東北家
ジャンル:中華料理
アクセス:地下鉄東西線東山駅 徒歩2分
住所:〒606-8346 京都府京都市左京区南門町536-5(地図
周辺のお店のネット予約:
京名物いもぼう 平野家本家のコース一覧
高台寺 よ志のやのコース一覧
京・清水 しげもりのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 岡崎・平安神宮・南禅寺×中華料理
情報掲載日:2019年5月1日

京都グルメレポート296「松坂亭 高倉店」牛しぐれ煮サンド

たまたま前を通った時に発見したのですが、見た瞬間「んっ??なんやこれ??」

 

お肉屋さんのコロッケや揚げ物はどこでもあるけど、牛しぐれ煮サンドってすごく珍しい。これは行っておかないとー。

 

後々調べるとテレビで取材されていたり、すごく有名なお店だったよう。

 

ちなみに牛しぐれ煮の個人的なイメージは自分の中ではお正月にお婆ちゃんがよく作ってくれていた料理なので特別な時に食べるってイメージ

 

外観

場所は京都駅からわりと近いのですが、絶妙に人通りが少ない場所。分かりやすく言うと、行列の出来るラーメン屋の第一旭・新福菜館が遠くに見えます。

 

パンは3種類

牛しぐれ煮サンド以外にも、焼肉サンド、値段は100円上がりますが牛タンサンドも気になります。

 

お店に入り、牛しぐれ煮サンドを注文すると、店の方強面で少し愛想の無い対応。忙しそうだったので手間がかかる注文だったのかな

 

パンは注文後温めてくれます。待つこと3分、先ほどの店の方「ありがとうございました」と愛想よく言って下さいました。

 

強面だったので、怒っておられるのか?と勘違いしてたよう(強面って言ってすいません)

 

袋にもメニュー名を書いてくれてます 

しかもお手拭きまで。優しさですね。

 

牛しぐれ煮サンド(300円)

こんな肉肉しいパンは初めて。お肉屋さんが作るしぐれ煮だし味も間違いなし。

 

食べかけであまり綺麗でなくてすいません

しぐれ煮ってタレというか水分量けっこうあってしっとりしてると思うのですが、このしぐれ煮は恐らくだけど、パンに染み込みすぎないように水分量は低め。

1本300円とリーズナブルだし、珍しいし、これは楽しい。

 

こういうお店1つ知ってたら、大げさかもですが、人生の幅が広がるという感じがします。

 

お土産とかにも良いと思うので、普通のパンに飽きてる人には特に喜ばれそう。

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村