京都グルメレポート320「うなぎのしお冨」穴子天丼

そして前回の続きです。満足してお店を出ること1、2分。

 

うなぎ?川魚専門店?というか前からお店は知っていたのですが、お店の前で鰻とか鮎などの焼き物・煮物。だし巻などのお惣菜的な物が売ってあるという認識。

 

あれ?何か左にメニュー書いてないですか?

 

穴子天丼に鰻だとー!!

うっーー食べたい(笑)商談は時間が決まってなくまだ大丈夫だし、お腹はさっき食べたばっかりなのにまだ少し余裕が。この近辺は頻繁には来ないから、食べていいですよねー??うん行こう(笑)

 

店に入ると背が高く愛想の良い女性がどうぞーと気持ちよく出迎えてくれました。

 

ちなみにこのお店は基本店舗前で焼き物とかを売られているのがメイン。食べられるスペースへはその作業されてる横を抜けた所にあります。

 

中はけっこう広い!!

 

メニューは数種類のみと単純明快

メインは穴子天丼の並と上、天然うなぎ丼の一匹と半身。後は川魚専門店だけに鮎とか岩魚などなど。

 

鰻はたまに食べる事があるけど、穴子天丼はそんなに食べる機会が無いのでここは穴子天丼にしようかな。本当だったら上行きたいけどお腹的に並で。

 

注文すると先ほどの愛想の良い奥さんが目の前で調理してくれます。

 

てかこんなん注文してませんけどー

サービスでも何でもなく、だし巻き・海老豆・昆布巻きが付いてくるのです。だし巻きもミニではない通常サイズ、これは良い。

 

そして今回の主役の穴子天丼登場!!

 

穴子天丼並(750円)

すんごいの来た。これで並ですってー。器自体も大きいし、何より穴子のサイズでかっ!!これ市内の観光客向けのお店や、ちょっと高級なお店なら1500円〜は取っててもおかしくないレベル。しかもそれくらいしてても高くないよーな。それが750円って(笑)逆ににやりすぎ!

 

ボリューム満点!

 

さらにお味噌汁まで来た

ちょっとちょっとー!これ750円て、このお店本当に凄いー。味やボリューム、そして川魚専門店だし素材自体の良さ。値段と全然釣り合ってない(笑)

 

よく芸能人の方が教えたくないお店とか紹介されてるけど、教えたくないのに何で紹介すんねんと、テレビに向かって1人突っ込んでいるけど(笑)気持ちが少し分かったし、本当にこのお店は載せるか載せないか迷った(笑)

 

ちなみに愛想の良い奥さんに上はこれより凄いんですか?て聞いたら、上はさらに大きい穴子が乗るらしい(笑)それでも900円て!

 

相場で言うなら4000円〜5000円の鰻も半身1500円〜一匹3000円(サイズによって少し変動あるみたい)で食べれるのでこれもマスト。

 

場所は六地蔵と言うまず観光客は来ない場所だし、京都の人間でも地元人以外は六地蔵にあえて来る事もないのでは?でもこれは食べにいく価値めちゃくちゃあり。ブログを見てくださっている方で僕と食の好みが合うなーと思う方は是非是非!

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

うなぎのしお冨
ジャンル:うなぎ
アクセス:JR奈良線六地蔵(奈良線・京都市営)駅 徒歩2分
住所:〒611-0001 京都府宇治市六地蔵町並40(地図
周辺のお店のネット予約:
てっぽうのコース一覧
お好み焼は ここやねん 精華町店のコース一覧
ちょいと。栞屋のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 宇治×うなぎ
情報掲載日:2019年6月23日