京都グルメレポート296「松坂亭 高倉店」牛しぐれ煮サンド

たまたま前を通った時に発見したのですが、見た瞬間「んっ??なんやこれ??」

 

お肉屋さんのコロッケや揚げ物はどこでもあるけど、牛しぐれ煮サンドってすごく珍しい。これは行っておかないとー。

 

後々調べるとテレビで取材されていたり、すごく有名なお店だったよう。

 

ちなみに牛しぐれ煮の個人的なイメージは自分の中ではお正月にお婆ちゃんがよく作ってくれていた料理なので特別な時に食べるってイメージ

 

外観

場所は京都駅からわりと近いのですが、絶妙に人通りが少ない場所。分かりやすく言うと、行列の出来るラーメン屋の第一旭・新福菜館が遠くに見えます。

 

パンは3種類

牛しぐれ煮サンド以外にも、焼肉サンド、値段は100円上がりますが牛タンサンドも気になります。

 

お店に入り、牛しぐれ煮サンドを注文すると、店の方強面で少し愛想の無い対応。忙しそうだったので手間がかかる注文だったのかな

 

パンは注文後温めてくれます。待つこと3分、先ほどの店の方「ありがとうございました」と愛想よく言って下さいました。

 

強面だったので、怒っておられるのか?と勘違いしてたよう(強面って言ってすいません)

 

袋にもメニュー名を書いてくれてます 

しかもお手拭きまで。優しさですね。

 

牛しぐれ煮サンド(300円)

こんな肉肉しいパンは初めて。お肉屋さんが作るしぐれ煮だし味も間違いなし。

 

食べかけであまり綺麗でなくてすいません

しぐれ煮ってタレというか水分量けっこうあってしっとりしてると思うのですが、このしぐれ煮は恐らくだけど、パンに染み込みすぎないように水分量は低め。

1本300円とリーズナブルだし、珍しいし、これは楽しい。

 

こういうお店1つ知ってたら、大げさかもですが、人生の幅が広がるという感じがします。

 

お土産とかにも良いと思うので、普通のパンに飽きてる人には特に喜ばれそう。

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

コメント