京都グルメレポート番外編54「たちばな」たこ焼き(明石焼き)

今日はいよいよ手術日を決める運命の日!仕事は午後から休みをもらっていざ神戸へ。結論だけ言います、手術いつやと思います?8月くらい?いやいや何と年末(笑)

 

最短でも9月くらいの予定しか空いてなかったのですが、色々ありまして年の瀬間際にする事に。カウトダウン長ー!まーそんなこんなで気持ちもまだまだ余裕(笑)よしっ美味しい物を食い散らかそう!!

 

今回は、前回神戸に来た時に狙っていたお店の「たちばな」さん。関西以外の方にはあまり知られていないかもですが、明石焼きのお店。

 

明石焼きを簡単に説明すると

たこ焼きのルーツともいわれている、兵庫県明石市を代表する名物。ふわふわの生地の中に歯ごたえのあるタコが入った明石焼は、お出汁でいただくのが基本。地元では「玉子焼」の名で親しまれ、別名「明石焼」として全国的に知られています。

 

だそうですが、「たちばな」さんではたこ焼と言われているそう。

 

久しぶりの明石焼き楽しみー!

 

外観

 

メニューはシンプル

たこ焼・お酒・ところてんのみ。

 

店に入ると、ベテランのおばちゃんが1人前でいーですか?と声をかけてきてくれます。

 

まずは出汁と三葉が登場

 

たこ焼という名の明石焼き(620円)

ソース味の一般的なたこ焼だと高い値段になりますが、明石焼きなら妥当な値段かな。あぁーすでに美味しそう!

 

生地がふわっふわー!

ふわふわの秘密としてじん粉という特別な粉が使われているそう。で特筆すべきはこのお出汁の美味しさ。ビビるくらい美味しい。このお店は明石焼きのお持ち帰りが出来るのですが、勿論お出し付き。このお出汁を利用し、だし巻きを作っても最高だそうです。

懐かしさもあり、逆に新鮮さも感じる味!明石焼き最高。一人で2、3人前頼む人も少なくないとか。

 

てか、白いお米を食べた訳ではないので、これ駄菓子というか、おやつ感覚の認識でいーですよね??もっかい言います(笑)おやつですよね??(笑)

 

お許しいただけるなら(誰にやねん笑)この後は中華のハシゴに行こうかな(笑)・・・・いや実はもう行ってきたのです。次回も京都では見かけない魅力的な一品です。

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

たちばな
ジャンル:明石焼き
アクセス:神戸市営海岸線旧居留地・大丸前駅2番口 徒歩1分
住所:〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-4(地図
周辺のお店のネット予約:
Bar&Bistro 63のコース一覧
神戸牛 黒澤のコース一覧
神戸 五臓六腑 本店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 神戸元町・トアロード×明石焼き
情報掲載日:2019年3月20日

コメント