京都グルメレポート番外編42「岩瀬山小屋」さば寿司

今回は鯖寿司!!京都にも美味しいお店があるのですが、ちょっと敷居が高いような気がして行けていません(笑)この鯖寿司は父親が福井に釣りに行った帰りのお土産なので前回に引き続き他力本願です(笑)でも今回はしっかり食べましたのでお許しをー!!

 

レポートの前に軽くご説明。

 

京都の出町柳〜福井の小浜を結ぶ街道は、別名「鯖街道」と呼ばれているそうです。名前くらいは自分も聞いた事がありますが、簡単に言うと昔の人が鯖を運んでいた道の名残。今は舗装された山道だけど今でも充分険しいし、それを歩いて運んだなんて、昔の人には本当に頭下がるなー。

 

将軍や偉いさんに「鯖寿司はよーーー!!お腹すいてんねん」*関西では早くをはよとかはよーって言います。とか言われてたんでしょうか??(笑)お店はその鯖街道沿いにあり、詳しく言うなら京都と福井の間にある滋賀県の朽木(くつき)という地域。

 

さば寿司(1500円)

 

竹の皮から取り出すと

ピカピカ光っています!!

 

厚みがあって脂の乗りも良い感じ

さば寿司そんな得意ではないですが美味しくいただきました。少し時間がたっていたので酢飯が若干堅かったのですが、出来立てなら違うと思います。

 

さば寿司とは全然話が変わりますが、どうしても欲しかった服が怪しそうなサイトにしかなく、試しで買ってみたら明らかに偽サイト臭い(笑)すぐ気づいてキャンセルし、その後警察のサイバー対策科や、住所まるまるコピーされてる会社にも教えてあげたりと大変な一日でした。

 

ネット怖いー!!今回はさば寿司だけに顔が青く(鯖は青魚)なった出来事で締めさせていただきます(さばは酢で締める)

 

・・・・・たぶんこんな説明もまず要らないし、何よりこんなに程度の低い自分なので騙されそうになったんやろな!!自業自得っ!!て思われている事は言われなくても理解していますので、何も言わないでー(笑)

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

コメント