京都グルメレポート143「レストラン辻川」ビフカツ定食

最初に言いますが、穴場かつ、オススメ出来る洋食屋さんに行く事が出来ました!

 

場所は伏見、伏見稲荷の近くといえば近く、大きい道路に面した所にありますが、外観は昭和の雰囲気満開。

 

自分がお店探しをする際、営業職という外回りの機会を活かし、仕事先の行き帰りの良さそうなお店を足で探すパターンが多いかなーと思います。

 

休日などで時間があり、行くお店が決まっている場合は、他の方のブログ・某グルメサイトの先人達の評価を参考にさせていただいたりもしています。

 

今回は休日に目的なくぶらぶらしていた時に偶然「精肉レストラン辻川」を発見!名前で心躍ります!

 

何となくですが、ここ絶対美味しい!食べる前からそんな雰囲気が(笑)醸し出されているお店です。霊感ならぬ、食感です(笑)

 

 

外観

 

メニュー表1

定食メニュー多いので迷う迷う。焼肉・エビフライ・ステーキがモザイクのような処理になっているよーに見えますが光の反射です!スイマセン。しかもメイン所のメニューなのにー。

 

ビフカツ定食(864円)

選んだのはこれ!見た目からやられた、ひゃー!美味そう!ご飯は50円アップで大盛りにしましたが、ぎっしりたっぷりで、かなりの量(400~450gくらい)

 

アップで

お肉の厚み的には薄いのだけど、サイズは大きく食べ応えあり。さすがお肉屋さんが作られるビフカツは一味違います。ソースはデミグラスなんだけど、フルーツのような?甘みも強く、それが何故かお米にとても合うのです。

 

厚みはありません(笑)

がしかし、その分ソースが衣、お肉に馴染んで口の中は旨味でいっぱい。

 

メニュー表2

コーンスープは分かるけど、赤だし高いのはなんでや?(笑)定食に赤だし付きなので尚更不思議。こういうアンバランスな所があるのも、この店の気に入ったポイント(注文はしないですが)

 

メニュー表3

スコッチエッグハンバーグ気になるー。

 

内観

内観は洋食屋さんというよりは、昭和の古き良き定食屋さんのような感じ!ちなみに、おばあちゃんとおじいちゃんの2名で経営されており、何かほっこりのするお店。お腹も心も満たされました。

最近精肉レストランと言えば「ワンダフルミート」さんに行ったのですが、こうして比べると「辻川」さんの方が確実に気に入ってしまいました。

 

値段とボリュームに大大満足!食べ終えてから某グルメサイトを見てみると、ビフカツが薄いなどの意見もありましたが(笑)正直確かに薄いんです!後、高級なお店によくある、お肉の中心部がレアになっていて塩で食べるような高級なビフカツでもありません。

 

でもこれはこれで美味しいし、自信を持って人にもオススメできるなーと自分は思いました。他にも1000円をいずれも超えるA・Bランチのボリュームがスゴイようなので次回再訪決定です。

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

レストラン 辻川 伏見店
ジャンル:洋食屋
アクセス:京都市営烏丸線くいな橋駅1番口 徒歩7分
住所:〒612-8401 京都府京都市伏見区深草下川原町130-1(地図
周辺のお店のネット予約:
焼肉 のんきのコース一覧
串もん まるまる 大手筋店のコース一覧
居酒屋 ほなっ 伏見店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 伏見・醍醐×洋食屋
情報掲載日:2018年6月8日

コメント