京都グルメレポート113「本かしわ鳥寿」焼き鳥

いつも思うのですが、好きだったお店が閉店となった時ほど悲しい事はありません。様々な理由があるので仕方ないという場合もありますが、流行ってるのに何で?という時もたまにありますよね。

 

いきなり寂しい話しをしましたが(笑)今回のお店は飲食店ではなく、鳥肉屋さん。高齢のご夫婦で仲良く経営されています。ちなみにもうすぐ閉店されるとかではありませんのでご安心下さい。

 

古き良き時代の流れを受け継いだお店の事を少しでも形として残せたらいーなと思ったのと、長く続いてほしいお店なのでレポートしたいなーと。

 

このお店には、仕事帰りに鶏ガラや手羽先を大量に買って帰る事があるので、どーやら自分の事を覚えてくれてたようで、この日もおばあちゃん「お兄ちゃんまたいっぱい買ってちょーだいね」と冗談も。

 

外観

場所は京都ならではのサスペンスにもよく登場するレトロ商店街の古川町商店街。ちなみにこの商店街はよくテレビの企画でやっているような、ワイワイ活気のある商店街とは少し違いますが、地下鉄東山駅がすぐ横なのと、近くに短大があるので、抜け道に使う今風の可愛い女子大生がすごく多い。誰も見てないやろうけど(笑)ジーパン破れてないかな?とか、自分の中ではある意味気の抜けない商店街(笑)

 

焼き鳥

ちなみにですが左のモモ肉とネギのTHE焼き鳥は1本70円だったかと思いますが、真ん中の砂ズリは自分で切って串に刺しました。右は普通のモモ肉より高かった、おばあちゃんお薦めの丹波の地鶏のモモ肉。

 

やきとり屋台

ずいぶん前にノリで買った焼き鳥の機械。よーやく長い封印から解き放たれる時が。

 

目指せ焼き鳥職人

姉と旦那さんがお肉を色々買ってきてくれたので、姉家族も参加して、ついでにバーベキューも。

 

焼き鳥

味付けはシンプルに塩!中々上手く焼けた。

 

砂ズリ・モモ肉

こちらも味付けは塩。1本50円くらいで家の前で売ろうかな(笑)

 

外で食べると美味しさ10倍増し

このお店の良さは肉質も良いけど、お願いすると、1枚の大きいモモ肉を食べやすい大きさにカットしてくれたり、融通も利かせてくれる事。ご夫婦高齢だけど長く続いてほしいお店です。テークアウトの商品もあるので食べ歩きもできそう。

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

住所:京都市東山区三条古川町一筋下る(古川町商店街)

時間:8:30〜19:00

コメント