京都グルメレポート299「和とcurryしらべ」とろり

皆さんはカレーと言えばどのようなカレーを想像されるでしょうか?

 

おかんカレー(笑)給食カレー、人それぞれイメージされるカレーは違うと思いますが、他ではスパイスカレー?などでしょうか。

 

これはあくまで個人的な意見なのですが、スパイスカレーって、スパイスの香りや味がメインになりすぎて、コクや旨味があまりないなーと思ってたんです(好みのお店にまだ出会えてないだけですが)

 

でも今の世の中、大阪でも京都でも行列が出来るほど流行ってたり、新しく出来た系のお店もほぼスパイスカレー屋さんが多い気がします。

 

今回、というか今日(笑)偶然店舗前を通りかかったの時に発見。京都感満載の出来立てほやほやのカレー屋さん。

 

たぶんですがここもスパイスカレー屋さんかな

 

お店に入ると綺麗な女性が優しく「いらっしゃいませー」と出迎えてくれました。

 

店内はとても清潔でお洒落、席数はカウンター2列にテーブル数席。御一人様でも数人でも対応可。

 

まずはメニューを見てみましょう。カレーは2種類。トッピングは味たま、おろしたてチーズ。他にはサラダがあります。

 

さらり

メニュー名が秀逸

 

そして

 

とろり

何か肩の力どーっと抜けるようなネーミングセンスですが逆にこれが最高。クラスに1人くらい人と違う感性の子っていませんでした?きっと女店主さんはそーゆー方だったのではないでしょうか?(笑)

 

さらりはキーマカレーにお出汁をかけた新感覚やとー??これは食べたい。

 

でもとろりは鳥の手羽元に大根だってー??究極の選択やん。

 

本当は2つ食べたい。それにあいがけっぽい、とろりとキーマってのもあるんだけど、今回は

 

とろり(900円)ごはん・ルー大盛り(150円)

おでんのように味が染みた大根におぼろ昆布がどっさり。ご飯の上にはピンク色のなにか?(酸っぱくて美味しい)と三葉。そしてスプーンで触ると崩れ落ちるくらい柔らかい手羽元が2本。スパイスカレーなんだけど和、そして京都の要素が詰まったカレー。

先ほども言ってましたが、美味しいスパイスカレーとそんなに出会ってませんが、よーやく出会えたかも。

 

スパイス感はもちろんあるんですが、和の出汁というかコクや旨味がすごく感じられるんです。おぼろ昆布が乗った大根もきっちりカレーのトッピングとして大成立しているし、手羽元も最高。

 

卓上のエビふりかけを掛けたら風味も変わって尚更美味しい。

 

ただしボリュームは大盛りにしてもそんなにはないかも??でもあくまで個人の感想なので、これくらいで充分て方も沢山おられると思います。

 

自分が入った時は先客は男の方2名でしたが、ここは清潔感があって綺麗なお店だし女性に特に喜ばれそう。

 

最後はトッピング無料券をいただいたのですが、5月いっぱいなので絶対近々また来よう。次はさらりかな。

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村