京都グルメレポート番外編44「梅村勝六商店」うなぎの蒲焼からの鰻丼

前から何度か言っていますが、滋賀はうなぎが美味しい!!

 

今回タイトル少しおかしいですが、この梅村勝六商店さんで買ったうなぎを鰻丼に仕上げましたという今回の記事。実はこのお店の情報は、ほぼありません。

 

というのも姉の職場の方がうなぎを買うのにこのお店をよく利用されているそうで、ついでに買ってきてもらったそう。分かっている事はただ一つ

 

うなぎの蒲焼 1匹 2800円!!!

 

お店で食べるとこれくらいはするかもですが、なかなかの値段。しばらく節約確定。バター醤油ご飯(ご飯+バター+醤油)ポン酢ご飯(ポン酢をかけるだけ)でしのぐとするかー(笑)*偽グルメブロガーってのがバレましたか(笑)

 

立派な包装紙に包まれて京都にやってきてくれました(笑)

2800円ちゃん(笑)よくぞご無事で!!

 

ご開帳!!!あっこれよく魚屋さんで見るやつ(笑)

大きさは約20僂曚鼻

 

うなぎの復活方法があるらしい!!

復活といっても命が復活してピチピチはねたりするわけではありません(笑)お酒をふったうなぎをアルミホイルで包み焼のようにすればフワフワ感復活!!

 

鰻丼定食

鰻をまるまる1匹使った贅沢丼。小鉢を2つ付けて3500円でどうでしょうか??えっ高い??じゃあ3000円。こうしてやってみると飲食店って利益あげるの大変だなーと身を持って体験。まーあの店高い、安いとか言いまくってるのですが(笑)

味の感想的にはうなぎもタレもかなり味が濃く脂もすごく乗っていて自分は好みでしたが、親世代にはちょっときつかったよう。どちらかと言えば若い人向きなうなぎかなー??名古屋のひつまぶしスタイルでネギなどの薬味と食べるとさっぱりして良さそう。

 

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村